新着情報
News

3/18-24、ヨーロッパ歯科研修に行ってきました!

 

こんにちは!

佐世保の歯医者、ふくち歯科の院長のふくちです。

 

歯科関係者7名、ヨーロッパで研修してきました

 

3月18-24日、1週間かけて、ドイツ、リヒテンシュタイン公国、スイスの3ヶ国を巡りました。

 

大忙しの日程ではありましたが、現地歯科医院の視察、国際デンタルショーの見学、歯科メーカーの工場見学やチューリッヒ大学での講義を受け、大変刺激を受けて帰ってきました。

 

ドイツで歯科医院視察!

ドイツでは、クルバード先生の歯科医院の視察と、最新のセラミック治療に関する講義を受けました。

クルバード先生はセラミック治療の世界的権威です。

クルバード先生の歯科医院

 

清潔で明るい診療室

 

築100年の建物を改装したとは思えません

 

歯科医院とは思えない素敵なインテリア

 

口腔内カメラで歯をスキャンしたあと、隣室のCAD/CAMで削り出します。従来の型取りの方法とは全く異なります。

 

クルバード先生、スタッフの皆様、どうもありがとうございました!

 

ケルン国際デンタルショー(IDS)へ!

ケルン国際デンタルショーは、歯科業界で世界最大の展示会です。

世界中から革新的な最新技術や、製品が集まり、毎回大きな注目が寄せられています。

前回は2015年に開催され、その時は、59ヵ国から2,199社が出展し、152ヵ国から約139,000人の業界関係者が来場したそうです。

各メーカーのブースが、広大な会場にひしめきあい、熱気に溢れていました。

会場のケルンメッセ。大人でも迷子になるほどとにかく広い!

 

第37回インターナショナルデンタルショー、略してIDS!

 

真ん中の機械は、セラミックの歯などを削り出す機械。データを受け取ったら自動的に削り、短時間で完成します。

 

クルバード先生は、こちらでも来場者にデモンストレーションをされていました。人気の先生です。「昨日はお邪魔しました」と、パチリ。

 

3Dプリンターで作られています

 

当院も使用しているカールツァイス社のマイクロスコープ。この日は新作の発表がありました。どんどん新しい機能が追加されていきますね。日本での発売は秋の予定。

 

ド派手なお子様用のユニット(治療台)を発見!まるで遊園地の乗り物みたい!

 

イボクラビバデント社訪問!

翌日、世界的な歯科材料総合メーカーのイボクラビバデント社を訪問しました。

当医院でも、イボクラ社製のセラミックを使用しています。

リヒテンシュタイン公国にある本社工場の見学と、そちらに併設された研修センターでセミナーに参加しました。

オートメーション化された工場で大量生産されている、と思っていましたが、思いのほか人の手による工程も多かったです。

厳しい品質管理の下、ひとつひとつが丁寧に作られていました。

 

セラミックの原料から出来上がりまで。工場内は撮影不可でしたが、ここに写っているように、何工程も経て製品になります。

 

セラミックも元をたどると一番最初はこんな岩(上段)

 

イ社から見える雄大なアルプスの山々!が、映っているはずが・・・残念ながら、雲に隠れて全く見えませんでした・・・

 

広い視聴覚室。世界中からいろいろな方が研修に来られるそうで、時に通訳を交えて講義をする、とおしゃっていました。

 

最新の実習室。日本人としては最初の訪問者とのこと。口腔内スキャンで読み取ったお口のデータをもとに、パソコンを使って歯の形、噛み合わせなどをシュミレーションします。

 

主に、歯科技工士のトレーニングルーム。晴れていたら雄大なアルプスの山々が見渡せる、素晴らしい環境。

 

最新情報や新製品に関するセミナー。さすが研究者150名を擁するイ社。あったらいいな、がちゃんと商品化されてます。

 

 

チューリヒ大学歯学部を見学!

その後、スイスのチューリッヒ大学へ移動し、歯学部の見学と、教授による症例発表がありました。

スイスでは、幼稚園から大学まで、授業料が無料なのだそうです。

 

最後の目的地、チューリッヒ大学に到着!

 

昔のユニット(治療台)。今と違って背もたれは倒れません。虫歯を削る機械は昔のミシンと同じように足踏みで動かします。

 

歯学部の学生さんによる、人形を使っての実習。「はい先生!できました!見てください!」とっても真剣!

 

駆け足の日程でしたが、3か国を巡り、国ごとに異なる医療制度や教育現場でのカリキュラムなど、日本との違いがより鮮明に感じられました。

休診中は皆様にはご迷惑をお掛けいたしましたが、その分たくさんの事を吸収して帰国することができました。

どうもありがとうございました。思いきって行ってよかったです。

今の私にできることは、歯科の勉強を怠らず、ブラッシュアップし続けることしかないと改めて思いました。

自分が海外で得たものを少しでも皆様にお返しできるよう、日々精進して参ります。

次回は(いつになるかわかりませんが)、番外編として、研修の合間に行った観光や現地の様子などについても書いてみるつもりです。